クラウドSIM・バーチャルSIMとは - 世界WiFi

クラウドSIM、または、バーチャルSIMとは

クラウドSIM 世界WiFi

「クラウドSIM」(または、「eSIM」)とは、SIMカードを通信端末ではなく、クラウドサーバーで管理するという次世代型の通信技術のことです。

通常、スマホやタブレット等の通信端末1台にSIMカードが1枚挿入されており、このSIMカードによって通話やインターネットなどの通信サービスを利用することができます。それに対して、クラウドSIMシステムでは、このSIMカードを通信端末ではなく、世界WiFiのクラウドSIMサーバー上で管理しています。世界WiFiの各端末にはコントロールSIMと呼ばれるソフトウェアが組み込まれており、このコントロールSIMに対してクラウド上のSIMカードを割り当てることで通信を可能にしています。

端末とSIMの関係を「1:1」から「1:複数」へ.

クラウドSIM 世界WiFi

これまでは通信のキャパシティーは、端末に物理的に挿入されているSIMカードに大きく依存していました。クラウドSIMテクノロジーを使用するメリットは、この通信端末とその端末に挿入されたSIMカードの関係を「1:1」(1端末、1SIM)から「1:複数」(1端末、複数SIM)へと手軽に変えられる点にあります。つまり、世界WiFiのクラウドSIMテクノロジーでは、SIMカード1枚に関するキャパシティーは同じでも、クラウド上のSIMカードの割り当てを効率的に管理することで、1台の通信端末で複数のSIMカードを利用しているかのような使い勝手を実現できるのです。

世界WiFiは、通信サービスを利用するお客様が環境の変化に応じてSIMカードを変えないといけない問題点を、クラウドSIMテクノロジーによって解決できるようになりました。



世界WiFi - クラウドSIMのメリット

国内と海外90ヵ国以上に対応した通信サービス

 世界WiFiのクラウドSIMのエリアは全世界

世界WiFiの運営するクラウドSIMサーバーでは、国内の大手正規キャリアや海外90ヵ国以上のSIMカードを一括管理しています。これにより、クラウドSIMが対応する国や地域では、現地SIMを購入したり、海外WiFiをレンタルしなくても、現地で簡単にインターネット通信を楽しむことができます。例えば、国内にいるときは国内大手キャリアSIMカード、アメリカを訪問した際は、世界WiFi端末がアメリカのSIMカードを自動選択します。また、ヨーロッパの周遊旅行の際、イタリアにいるときはイタリアのSIMカードを、フランスにいるときはフランスのSIMカードを、という具合に地域に応じてSIMカードの自動選択が起こります。

滞在先に対応したSIMカードを自分で挿し替える必要は一切なく、クラウドSIMが自動でSIMカードの割当変更を行います。これにより、1台の端末にあたかも複数のSIMカードを挿しているかのような通信を可能にします。

加えてコスト面においても、世界WiFiはクラウドサーバーで管理する多くのSIMカードを効率よく運用をすることで、良質の高速通信を低コストで提供できるようになりました。

クラウドSIM・バーチャルSIMとは - 世界WiFi